投稿

ジブリの皮を被った何か。『思い出のマーニー』の感想(ネタバレはなし)

思い出のマーニー』の試写会に行ってきましたので、その感想です。その前に恒例のあらすじ。

少女杏奈は自分の殻に閉じこもったまま、海沿いの村にある誰もいない屋敷で暮らしていた。そんなある日、彼女の前に青い窓に閉じ込められた、きれいなブロンドの少女マーニーが姿を見せる。その出会い以来、杏奈の身の回りでは立て続けに奇妙な出来事が起きるようになるが、それは二人だけの秘密だった。『シネマトゥデイ』より引用
 そして鑑賞前の注意点をいくつか。


いつものジブリ作品だと思って鑑賞してはいけない。ミステリー色が強め
ストーリーの構成が少し複雑で大人向け。前半中盤では物語に盛り上がりがないため、子どもには退屈かも
ホラー要素も少しあるため、お子さんが泣いてしまう可能性がある
主人公が少し精神的に不安定(思春期ということや設定を考えても)なためそれを許容できるかどうか


まあ、こんなところです。

個人的な点数としては70点ぐらいです。しかし作品の内容が70点(物語後半のとあるキャラクターによる説明口調での、物語の謎に対する答え合わせはいただけない)であって、作品外のジブリの事情? 的なところも加味してみると85点ぐらいまで伸びます。

今作はやたらと過去の宮崎駿監督の作品をオマージュしたような場面が見られます。『となりのトトロ』での畑のシーンや冒頭のシーンは『千と千尋の神隠し』を彷彿とさせます。登場キャラクターの外見も主人公の杏奈はハイジっぽく見えますし、ヒロイン? のマーニーはクララっぽいです(宮崎駿は『アルプスの少女ハイジ』では場面設定と画面構成を担当。演出は『かぐや姫の物語』の高畑勲)。アルムのおんじっぽいキャラクターも出てくるので意識はしてるんだと思います。

そして、ネタバレになるのであまり触れられませんが、物語的には杏奈がそのような宮崎駿や高畑勲のオマージュで固められ設定された舞台で色々な事を経験し、そこから卒業するような形です。私にはこの作品の制作者たちが「もうスタジオジブリには宮崎駿はいない。俺たちがスタジオジブリの未来を作っていくんだ!」というメッセージを今作にこめたんじゃないかと推測するんですが、実際はどうなんでしょう?

というように推測しながら鑑賞すると、より楽しめるかもしれませんということで。来年は息子が監督をやるのかなと勝手に予想してます。


大泉洋と劇団ひとりがまるで本当のコンビみたい。『青天の霹靂』試写会感想。

先日、『青天の霹靂』の試写会に行ってきましたので、その感想でも。

劇団ひとりの監督デビュー作でそこそこの注目を集めている『青天の霹靂』。個人的には可もなく不可もない作品で、点数で言えば厳しく見て65点ぐらい。

場末のマジックバーで働く、さえないマジシャンの轟晴夫(大泉洋)。ある日、彼は10年以上も関係を絶っていた父親・正太郎(劇団ひとり)がホームレスになった果てに死んだのを知る。父が住んでいたダンボールハウスを訪れ、惨めな日々を生きる自分との姿を重ね合わせて涙する晴夫。すると、突如として青空を割って光る稲妻が彼を直撃する。目を覚ますや、40年前にタイムスリップしたことにがくぜんとする晴夫。さまよった果てに足を踏み入れた浅草ホールで、マジシャンだった父と助手を務める母(柴咲コウ)と出会い……。                        [シネマトゥデイより引用]
あらすじは以上の通り。 
映像面の特徴としては、カメラの長回しと遠景シーンが多い印象。役者の顔を長く映したり、街並みを遠くから見せたり。もうすこし少なくしてもいいんじゃないかなとは思いました。そのせいで物語後半で少しダレました…。ただ、大泉洋が演じる春夫がマジシャンという職業のため、手品を見せるには長回しが必要なのも確かで、その辺りのバランスが難しかったかなとも思います。

ストーリー自体は至ってシンプル。シンプルすぎて先が読める展開も。これを王道とみるかありきたりとみるかによって評価が分かれると思います。あとは物語終わりのどんでん返しを許容できるかどうか。私は現代に返ってから春夫の成長具合を見たかったのですが、そのあたりは描かれていなくて残念かなと。2時間の尺をとって、父親と母親の出会いを丁寧に描く・精神的に成長した春夫を現代の時間軸で見せる、の2つを描いていればもっと感動できたかなと。

見どころは春夫の手品シーンかな。CG等の技術を使わず、全て大泉洋自身が行っているのが普通にすごいです。4ヶ月練習したとのことですが、4ヶ月でここまで出来るのかと驚きました(トレーナーはついているけども)。

出演者で気になったのは劇団ひとりが演じる必要があったのかということ。劇団ひとり演じる正太郎が助手の妻にほっぺたをビンタされるシーンが、しょっちゅうあります。笑わせる演技としてはいいのですが、感動できるシーンでもこの演技をやるの…

『パシフィック・リム』鑑賞後の感想。怪獣映画ではなく、ロボットVS怪獣映画です。

怪獣VSロボットの映画『パシフィック・リム』を鑑賞しましたので、その感想でも。ストーリーはこんな感じ↓↓

2013年、突然未知の巨大生命体が太平洋の深海から現われる。それは世界各国の都市を次々と破壊して回り、瞬く間に人類は破滅寸前へと追い込まれてしまう。人類は一致団結して科学や軍事のテクノロジーを結集し、生命体に対抗可能な人型巨大兵器イェーガーの開発に成功する。パイロットとして選ばれた精鋭たちはイェーガーに乗り込んで生命体に立ち向かっていくが、その底知れぬパワーに苦戦を強いられていく。                                  引用元:シネマトゥデイ
わたしは、ほぼ予備知識なしでこの映画を観ました。で、内容を全然知らず、勝手に、わたしが思っていた内容は、「1頭の巨大な怪獣に、様々な国が作った巨大なロボットたちで対抗する」でしたが、実際は「複数の巨大な怪獣に、一致団結した人類達が巨大なロボットを作り対抗する」でした。この複数という事を知らなかったので、次々怪獣が出てくるところはテンションが上がりました。怪獣好きー! な人には堪らない映画です。

でも、この映画は「GOOD!」な点と「BAD…」な点が両極端に表れた映画だなーと個人的には思いましたので、今回はその2つの軸で書いてみようと思います。


「GOOD!」な点
①怪獣とロボットが戦うシーンが迫力満点!
そのまんまの意味です。プロレスチックな闘いが繰り広げられます。日本の怪獣映画でよく見る 熱線とか光線はほぼありませんが…。

②サブキャラクターが魅力的
生物学者のニュートンと数理学者ハーマンのコンビがキャラ起ちまくってます。主役より起ってます。この二人のスピンオフ作品が見てみたいです。怪獣の臓器を売りさばく闇商人ハンニバル・チャウも笑わせてくれます。個人的には、ロシア代表のパイロットであるカイダノフスキー夫妻の活躍をもっと見たかったのですが…。

③怪獣映画や日本のアニメのオマージュが散りばめられている
冒頭の怪獣が海中から現れた瞬間、船員が「怪獣だ…」と言うシーンは日本の怪獣映画のオマージュでしょう。そして、ロボットを操縦するのにシンクロ率というのが高くないといけないんですが、これは『エヴァンゲリオン』のオマージュで、怪獣の真意を見つけるために怪獣の脳と人の脳を繋げ、ダイブするシーンは、恐らく『攻殻機動…

『マン・オブ・スティール』が面白すぎた。駄文で長文。

久しぶりのブログ更新。

やっぱり、今回も映画の話。ただし、ネタバレが多々アリ。

普段は、「です」「ます」口調でブログを書く私ですが、今回ばかりは、そんな丁寧に書いてられません。なぜなら、『マン・オブ・スティール』を観て、未だ興奮が覚めやらぬからだ。2時間30分という上映時間を感じさせないほど面白かった。

巷で話題の『マン・オブ・スティール』であるが、個人的には、ヒーローモノの中ではかなり面白い方であると思う。下手したら、1番か2番を争う出来だ(1位は、やはり『ダークナイト』になるだろうか)。少し前に、レンタルで『アイアンマン3』を観た。それと比べると雲泥の差。かの名作『アベンジャーズ』と比べても、こちらの方が面白いと断言できる。その理由は、ドラマシーンにあると思うが、それについては、後で書こう。ちなみに、この感想はかなり偏ったものになっている可能性もあるけど、それは致し方ない。だって、超絶面白かったんだもん。

まず、この『マン・オブ・スティール』の面白い点は、2つあるように思われる。「圧倒的なビジュアル」と「濃いドラマ性」の2つだ。

見た目でも分かる「圧倒的なビジュアル」。これは全編を通して観られることで、説明するまでもない。ただ、ゾッド将軍率いるクリプトン星人とのバトルは必見。『ドラゴンボール』の戦闘が好きな人には堪らない作りになっている。瞬間移動しまくり、ビル壊しまくり、殴りまくり、の繰り返しである。ドラゴンボールをこのように実写化していたらと思うと、悔やまれて仕方がない。ザック・スナイダーとクリストファー・ノーランが描く『ドラゴンボール』観てみたいものである

「濃いドラマ性」。これは意外と見えてこないかもしれない。この作品のテーマは「信用」と「家族愛」だと思われる。面白いのが、相当壮大な物語であるのに、テーマはミニマムなところだ。

「信用」。当初、主人公のクラーク・ケントは、ぶっちゃけ家族以外の誰も信用していない。理由は、自分の存在が地球人のそれとは全然違うことにもあるが、ケビン・コスナー演じるジョナサン・ケントが口を酸っぱくして、「その力を使ってはいけない。使ったら世界が大変なことになるし、お前にも危険が及ぶ。世界にも及ぶ」と言い続けたせいもあるだろう。序盤で人を助けて見返りを求めない姿勢も、人を信用していないから起こることかもしれない。この力を使い、人を…

『奇跡のリンゴ』

昨夜、試写会で『奇跡のリンゴ』を観る機会があったので、その感想。雨が降っていたので、来る人も少ないだろうと思っていたら、老若男女様々な人たちでいっぱいでした。少しご年配の方が多いかなという印象。

映画『奇跡のリンゴ』は書籍『奇跡のリンゴ――「絶対不可能」を覆した農家 木村秋則の記録』を原作としたものらしいです。原作を読んだことないわたしでも楽しめたので、恐らく原作は読まなくてもOK。まあ、その原作自体に色々賛否両論もあるそうですが……。

奥さんの美栄子(菅野美穂)さんは農薬に弱い体質で、それを見かねた木村(阿部サダヲ)さんが無農薬のリンゴを作るという話です。簡単に言うと。ただ、その道は想像していたものより非常に過酷で……。

前半はコメディを交えながら話は展開していきますが、中盤から後半にかけては違う映画を観ているのではないかと思えるほどシリアスな話になっていきます。あと、珍しいなと思ったのは、年ごとに話を展開していく感じの映画なのですが、あまりその過程を端折らないんですよね。きちんと1年ごとに話を丁寧に展開していく。そのおかげで非常にリアルさを感じる(まあ、実話なんで現実なんですけど)。2時間映画なのですが、10年ぐらいの年月を観ることになるので、体感時間がすごく長く感じました。まるで、3時間映画を観たかのよう。

あと、個人個人で感想は違うと思いますが、わたしが思ったのは「木村さんもすごいけど、これ周りの人達もすごくね?」ということ。奥さんや娘さん達の忍耐強さが半端ないし、奥さんの父親にいたっては自分の人生を賭けているし。周りに恵まれていたのは確かでしょうね。下手したら、村から出て行けと言われても仕方ないことしてると思いますし。

見どころは、阿部サダヲと菅野美穂の演技力。素晴らしい! 文句なし。あと久石譲さんが手がける音楽。シーンごとの音楽が非常にマッチしている。音楽で助かっている部分もあるぐらい。ここはもっと宣伝してもいいんじゃないかなー。

観ても損はないと思う映画なので、興味がある方は観に行ってみてはいかがでしょう。諦めない気持ちが実を結ぶ物語は、観ていて気持ちがいいですしね。




『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ! オラと宇宙のプリンセス』

『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ! オラと宇宙のプリンセス』の感想です。以下は、簡単なあらすじ。

平凡な日常を過ごしていた野原一家。ひとつ違う事といえば、しんのすけとひまわりが喧嘩していることぐらい。そんなある日、謎の男二人組が突然家にやってきた。ひまわりを見て喜ぶ二人。その二人が、ひまわりの名付け親であるしんのすけに一枚の紙を渡す。何も分からないしんのすけは、その紙にサインをしてしまう。その瞬間、大喜びする謎の男二人。事態が飲み込めない野原一家。そして、いきなりUFOに乗せられ、ヒマワリ星という星に連れて行かれる野原一家たち……。

以上が簡単なあらすじです。これ以上書くと長い……。

で、感想ですがこれが難しい。
なぜなら、「善悪二元論」で語れないから。今までのクレヨンしんちゃんの映画は、おおかた、それで語れました。善がしんちゃん側で、悪が劇場版に出てくる敵(ハイグレ魔王や雲黒斎など)で。
しかし、この映画には悪がいないのです。一応、サンデー・ゴロネスキーというのが悪の親玉の役割っぽい。しかし、この敵側がやろうとしていうことが正論なのですねー。やり方がひとつ問題なだけで真剣に世界のことを考えている。クレヨンしんちゃんの映画の定石である悪を倒すカタルシスがない。20周年記念にしてチャレンジしたなぁと思える作品です。

感動できるシーンとかはありますよ。しんちゃんがひまわりという名前を名付けた回想シーンや、ひろしがひまわりの将来のことを想像するシーンがそうですね。ただ、やはりこの映画の見所は悪がいないことだと思うのですが、どうでしょう? 
あと、今作まで登場した映画のヒロインが一瞬だけ再登場するところ。懐かしー!! 今までの悪役とヒロインを登場させたハチャメチャな物語を作ってもいいんじゃないかと思いました。ヘクソンとか観たいんですよ!

賛否両論が別れる癖ある作品。まあ、無難に『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ! オトナ帝国の逆襲』を観る方がいいかも……。たまには、「こんなテイストもありか」という感じで観るのがいいかもです。

『最強のふたり』

巷で大好評の『最強のふたり』を鑑賞しました。いや、なにか元気をもらえる映画でした。内容を簡単に説明しますと、脊髄損傷で身体の自由が効かない大富豪フィリップのもとで、貧民であるドリスという黒人が介護士として働く話です。ちなみに、史実に基づいた話です。

面白いのがこの2人、性格や見た目が正反対なんです。フィリップは、白人。融通が効かない真面目な性格。理論派で学識が高い。好きな音楽ジャンルは、クラシック。ドリスは、黒人。頭が柔らかく、行動派。不まじめな性格で、学識は低い。好きな音楽ジャンルは、リズム・アンド・ブルース。
こんな真逆な性格の2人なので、言い争いが絶えないかと思えば、それがそうでもないのです。確かに、喧嘩をよくする2人です。でも、その喧嘩も何か見ていて心地が良い喧嘩なのです。

何故? 考えたところ、ドリスが、フィリップを障がい者として接するのではなく、1人の人間として接しているからではないでしょうか。フィリップに近付いて来る他の介護者候補たちは、彼を障がい者として扱ってきます。それも、傷ものみたいに。本編でも、フィリップがドリスを採用した理由を「彼は私を人間として扱ってくれる」と言っていました。

要するに、一方的な喧嘩にはならないんですね。フィリップを障がい者として扱っておらず、1人の人間として扱っているので。お互いが対等。もしかしたら、見ていて心地が良かった理由の1つかもしれません。あとは、ドリスのキャラクターでしょう。こいつは、本当に良い奴です。口は悪いけど。憎めない奴というのでしょうか。言葉の中身に悪気がない。正直に生きていて、言いたいことをハッキリ言う(そんな彼も、家族にはハッキリ物事を言えない……。それがこの映画のポイントの1つです)。実際問題、周囲にいたらとんでもなく迷惑な奴かもしれませんが。

ネタバレをしないとなると、語れるのはこのぐらいでしょうか。この映画を見て、低評価をつける人はいないでしょう。とりあえず、元気を貰いたい! と思った時に観ることをオススメします! ああー、ドリスに会ってみたい。